おたけ日記

30代会社員がキャリアや家庭•育児、人間関係について書き連ねていきます

自分にありがとうを伝えよう

こんにちは、おたけです。

かなり久しぶりの更新になってしまいましたが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか?

こちらは4月に保育園入園•復職を果たし、新しい生活を慌ただしくも楽しく過ごしておりました(^^)

さてさて、ここから本題です。
今回のテーマは【自分にありがとうを伝えよう】。

「おや?」「何それ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、しばしお付き合いいただければと思います。

このブログにも度々書いていることですが、私は過去の出来事をずっと受け入れられず、怒りや恨みで鬱々悶々として過ごす時期がありました。

が、子どもを出産してから思考が陽転し、「夫と結婚して我が子に出会えた今の自分が大正解だから、今に至るまでの過去の自分の選択も正解」と思えるようになりました。
(詳しくは、『被害者を辞める』『被害者を辞めた後』などのブログ記事をご覧ください😊)

とはいえ、ふと過去の出来事が過ぎった時、やはりイラッとしてしまいますし、当時上手く立ち回れなかった自分を否定したくなってしまうこともあります。

どんな自分でも受け入れる(自己受容)って難しいですし、ましてや自己肯定って至難の業だなとも思うんですよね。

そんなこんなで、折角気持ちが大きく切り替わったのに、時折現れる過去の残像に気持ちが削がれていくことが続いた中、ふと「でも過去の自分には感謝しかないよね」と思うようになりました。

過去を生き抜いてくれた自分、環境や境遇に負けなかった•染まらなかった自分、武器も処世術も無く丸腰で何とか生き延びた自分。

今の自分から見たら受け入れ難いし、肯定もなかなかできないけど、今に至るまで生き抜いてくれた自分には、心からありがとうと思えます。

巷では、自分のために許しましょうとか、どんな自分にもOKを出しましょうなどという話があり、確かにそうなんですが、それが簡単にできたら苦労しないですよね😅

でも、自分への感謝なら比較的やりやすいかなと私は思います。

何かを達成したとか結果を出したとか、そういった目に見えるもの(評価)でなく、諦めずに生き抜いた過去の自分に感謝、でいいんです。

生き抜いた自分はレジェンドなんです。←話変わった?笑

自分を受け入れる、肯定する、褒めるなどが難しい場合は、ぜひ試してみてください。

感謝は、想像力です。

沢山思いを巡らせて、自分にありがとうを伝えてあげてください。

皆さんが心穏やかな日常をお過ごしできるよう、心から願っております。

ではでは、ここまでお読みいただいた皆さん、どうもありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村